滋賀カーゴのドライバーまさみんです!
本日の投稿は先日野洲のK社様からのご配送で、埼玉県児玉群へ。

なんと日本には、もう1つ五稜郭(星形稜堡の洋式築城)が有ったのです!!
平成29年4月19日(水)埼玉県上里町からの帰路、長野県佐久市内の254号線を走行中、佐久総合運動公園近くの北耕地交差点手前で、龍岡城五稜郭という標識を見つけ思わず左折し向かいました。
5Km程で龍岡城に着きました。感動しました。

面積は、函館五稜郭の約半分です。幕末の元治元年(1864年)3月に着工し、慶応3年(1867年)4月に
竣工しています。廃城令に先立つこと1年前の明治5年(1872年)に解体されています。その後学校として転用されたようです。

築城したのは、大給(お ぎゅう)松平氏最後の藩主である松平乗謨(のりかた)である。
大給松平氏は、家康から遡ること4代前の松平乗元が始祖で有り、乗謨は数えて14代目のようです。現在は、佐久市立田口小学校の校舎校庭になっており、一般の人の見学が許されております。

 

 

 

*佐久市教育委員会資料より*

http://www.sakukankou.jp/sightseeing/tatsuokajou-goryoukaku/